QQ:2010867769
ここでは、相談内容やご質問など、お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お気軽にご質問・ご意見をお書きになってください、後に専門医師よりご返答致します
神谷漢方医院の連絡先

住所:中国遼寧省大連市西岗区高明街11号  

電話:0411-39656802  

メールアドレス:kamiya_sungood@yahoo.co.jp

理療(マッサジーなど),診査は予約制。

どうぞお気軽にご連絡ください

病治療

ロケーション:ホーム →

難病治療

慢性前立腺炎の予防と治療に関するご注意事項
公開:2014-05-07 11:02:30 ツアー:5783

慢性前立腺炎の予防と治療に関するご注意事項

現在、生活水準の向上に伴って、われわれはますます健康に注目を浴びております、過去であんまり重視されていない慢性前立腺炎もう今の流行語として、頻繁的に今の医療広告、または映画やテレビ番組の中に出っております。統計によりますと、成年男性の中には該当病気に患うのは約30%~40%占めております。慢性前立腺炎は文字の通り、前立腺の慢性炎症になるということで。該当病気を理解するためには、まず炎症は一体なんだろうかをご理解いただきましょう。一般民衆の理解では、炎症といえば感染性炎症と認識されて、細菌により感染してしまうと思われていますが。実は炎症は医学病理学の概念のことであります、つまり有る器官には組織的に充血水腫が引き起こされ、白細胞が集まりが発生する、しかも細胞が破壊されている病理的な過程でもあります、いろんな要素で炎症を引き起こされることができる、病原微生物の侵入で、感染性炎症になれることもできます、例えば細菌性肺炎、ウイルス性肝炎;また物理性要因によるの炎症、例えば夏には海水浴するときに、光日差しが照りつけて招かれる日光性皮膚炎、打撲傷により局部的に鬱血、腫れ、また焼けどなど;化学因素によりの炎症というのは、例えばお酒を飲み過ぎた場合のアルコール性肝炎、有る薬物を飲んで患ってきた肝臓への損害、化学有毒物による損害等、慢性前立腺炎の内、細菌感染性炎症に属するのは約10%、残る80%~90%は非細菌性前立腺炎のことで、殆どは性生活の乱れ、過度禁欲或いは性生活の過度、頻繁にオナニ及びお酒の飲み過ぎ、辛いものを食べる、精薬の長期間使用、強いては自転車の長時間利用、硬い座席に座りっぱなし、湿った冷たい所に座りによって、前立腺炎および周囲組織の充血鬱血を発生し、病気になります。

      

 慢性前立腺炎の臨床症状は複雑で様々なタイプがあります、主として四つに別けられていますが、例えば排尿異常類症状の場合:例えば頻尿、尿意切迫感、尿が尽きない、尿後余滴、大便の時尿道滴白等があります。局部痛んで不調類症状:例えば如睾丸下腹部痛曳く、会陰肛門がぶら下がって膨れて鈍痛、鈍い痛み腰部痛等があります。性機能異常類の症状;例えば早漏、インポテンツ、性欲減退、夢精、射精障害,精液品質の異常などがあります。神経神经衰弱類の症状:例えば不安や緊張、倦怠萎縮、意気消瀋等があります、患者の多くの方が不治の病だと思って、あわただしくていられません、実は四つの症状の全部揃わなければいけないものではない、典型的な症状は何項目

があれば診断できる。

     

 

該当病気の診断は主として前立腺液の検査によるもの、化学検査鏡で白細胞を検査し、白細胞の保有量が高くでない場合、ただ前立腺痛しか診断できない、白細胞の保有量が高い患者に対し、一般的に初印象により前立腺炎と診断できる、更なる細菌培養で細菌培養区に細菌があるかどうかによって明確に診断することができます、細菌性前立腺炎に対し、細菌培養及び薬剤のアレルギー反応の結果に踏まえて、効果的な抗生薬を選ぶことができますが、非細菌性の前立腺炎は無菌性炎症であるため、抗生薬が効かないので、誘因防止を注意するほか、特に有効な治療薬がないです、症状が酷い患者、国外の場合、よく心理医者の治療をアドバイスされることであります。


慢性非細菌性前立腺炎の治療は漢方による漢方薬で治療できます、頻尿、尿意切迫感、尿が尽きない、早漏、インポテンツ、性欲減退、夢精などの症状によって、数多くのお医者さんは腎虚とみなして治療し、大量な補腎壮陽薬を飲ませたりして、病気は治っていないものの、かえて症状は重くになることもあります、一部漢方医者は該当病をただの炎症であるとみなして、清熱化湿、解毒類の寒性漢方薬で治療にしても、あまりいい効果が出ない、実は、前立腺の慢性充血によって一連の病変、病理のポイントは血滞精瘀、精管の阻塞のことです、表現として、局部的に典型的ぶら下がりの膨れ疼痛症状です、該当病気は中青年の中に多発するため、体質旺盛な時期で、舌の脈が弱い症状が見えません、この時に、腎臓を補って精力薬をどんどん飲んでしまうと、症状が重くになったり、充血もしたりして、病気が誤らせしまいます、瘀滞のせいで,補えばなるほど症状が重くになる一方です。この場合は活血化於法を用いて、於血が去って精道が通り、排尿異常、局部痛、性機能異常の症状が自然に治癒される、当然ですが、患者は自己保健も注意しなければいけない、前述の病因における、性生活での規律、タバコやお酒にご遠慮、辛いものご注意、自転車は長時間で利用しない、あわせて座浴で治療することによって、血液の循環を改善することができる、この全てが一日も早く健康回復をできるように働いてくれます。


大連神谷漢方医院 主任医師:石志超