QQ:2010867769
ここでは、相談内容やご質問など、お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お気軽にご質問・ご意見をお書きになってください、後に専門医師よりご返答致します
神谷漢方医院の連絡先

住所:中国遼寧省大連市西岗区高明街11号  

電話:0411-39656802  

メールアドレス:kamiya_sungood@yahoo.co.jp

理療(マッサジーなど),診査は予約制。

どうぞお気軽にご連絡ください

性漢方/美容

ロケーション:ホーム →

女性漢方/美容

月経痛をやわらげる(一)
公開:2017-08-14 11:04:08 ツアー:110

  女性は人生のほぼ半分を月経と関わって過ごします。だからこそ、快適で心地いい生活を送るためには月経と上手に付き合っていくことが大切。 
  今回は、女性の身体と密接な関わりを持つ月経について知り、つらい月経痛をやわらげる養生法を学びましょう。 




痛みはないのが健康な月経

  中医学(中国漢方)では、女性の身体は7年ごとに節目を迎え、変化が現れると考えます。7歳ごろに歯が生え変わり、14歳ごろに初潮、21歳ごろに成熟期を迎え……、といったイメージです。月経のリズムも同じように「7」の倍数が基本。個人差はありますが、健康な月経の日数は7日前後、月経の周期は28日(7の4倍)前後が一般的です。 
経血の量は多すぎず(多い日の日中2時間をロングナプキンで過ごせる程度)、色は赤色で粘りや大きな塊がないようなら問題はないでしょう。また、中医学では痛みのある月経を「痛経」と呼び、「月経痛」はないのが正常な状態と考えます。 
  このような健康な月経の基本を踏まえると、月経痛がある、周期や日数が乱れる、量や色が気にかかる、といった場合は要チェック。月経の諸症状は、さまざまな要因で体内の「気」「血」の働きが乱れることで起こるものなので、自分の体質や体調を見直し、根本的に改善していくことが大切です。 
  多くの女性を悩ませる月経痛も、少量の鎮痛剤を服用して治まる程度の痛みであれば、日常生活の工夫や中医学の養生でやわらげることができます。身体全体の不調を改善していくきっかけにもなるので、症状が軽い人も積極的な養生を心がけましょう。