QQ:2010867769
ここでは、相談内容やご質問など、お気軽にお問い合わせください
お問い合わせ
お気軽にご質問・ご意見をお書きになってください、後に専門医師よりご返答致します
神谷漢方医院の連絡先

住所:中国遼寧省大連市西岗区高明街11号  

電話:0411-39656802  

メールアドレス:kamiya_sungood@yahoo.co.jp

理療(マッサジーなど),診査は予約制。

どうぞお気軽にご連絡ください

門診療科

ロケーション:ホーム →

専門診療科

漢方薬で蕁麻疹を治療する
公開:2014-04-24 16:42:34 ツアー:4046

漢方薬で蕁麻疹を治療する 

蕁麻疹は中國民間には“鬼風の痼”と呼ばれ、皮膚の奥側にある真皮で血管透過性が増して様々な痒み物質が放出されることによる一種のアレルギー発作で、ひどくになる場合、咽喉頭の水腫に誘発し、窒息、ショックになる恐れがあります。今は蕁麻疹患者の約四分の三はまだ発病真因がわからない状態です、特に慢性蕁麻疹の症状は何年、または十数年も続いている場合があります、さて、蕁麻疹はどういったもの、またどう治療するかについてご紹介させていただきます。
4 月28日(土曜日)13時30分、神谷漢方医院の医師は四階会議室に集まり、蕁麻疹予防に関する講座が開催されました、皮膚科専門家である丛慧主任が漢方薬で蕁麻疹の治療、また蕁麻疹と全身疾病との関係について詳しく説明しました、またその場で聞いている患者さんに診査と質問回答を行いました。
神谷皮膚科漢方主任医師である丛慧医師は以下のようにお話ししました、蕁麻疹は臨床症状を見ると複雑ではないのですが、治療過程はなかなか容易のものではありません。
一つは蕁麻疹の病理は複雑なものです。体が健康的か否かは皮膚に反映されますので、皮膚に蕁麻疹が出た時、体にある臓器に異常があると証明されます、だから蕁麻疹を治るためには真因を絞り込むことが一番肝要なことです。
近年来、丛慧主任は国内外に多量な蕁麻疹臨床治療資料から、蕁麻疹は単に薬物、食物、呼吸された物質、感染因素、虫刺され、物理原因等と密着するだけでなく、内分泌、免疫系統、内科等疾病との関連もあるとわかりました。丛慧医師からは、調査によりますと、7%~9%の系統性紅斑狼瘡を発症の同時に、蕁麻疹が誘発する可能性があります、しかし、その内40%のはただ本症の早期症状であり、あるいは一年前に発病したことがあるが、多数患者は蕁麻疹のような血管炎症であると表現しました。25%の青年性リューマチ性関節炎の患者は全然痒くない皮疹が全身に散見され、このような早期皮膚損害も蕁麻疹といいます。1.7%の早期風湿熱である患者は本症にかかる可能性があります、蕁麻疹血管炎症は多発性筋炎の急性期皮膚損害と言われています。
 
  蕁麻疹が発生の同時に胃腸症状も出る場合がありますが、胃腸不調、腹脹は蕁麻疹発生の兆しと見られています、しかし急性胃腸炎は蕁麻疹に誘発することもできます。20%の冷性蕁麻疹の発生は低温性ブログリン血症或いは骨髄腫が引き起こされます。低温性ブログリン血症の発生原因はまだ不明のですが、患者多くの方は同時に結締組織性疾病、多発性骨髓腫、慢性リンパ性白血病、伝染性マクロファージ増生症等が発生されます。
  二つ目は蕁麻疹の症状は複雑でありますが、臨床症状に応じて、寒冷蕁麻疹、温熱蕁麻疹,日光蕁麻疹、圧迫性蕁麻疹、血管性浮腫、血清病性蕁麻疹、慢性継続性蕁麻疹、遺伝家族性蕁麻疹症候群などが分けられています。
三つ目は蕁麻疹の治療は難しい、アレルギー(软组织胺)抵抗薬、または免疫調節を通じて抑制できない慢性蕁麻疹に関しては、できるだけ専門科医師の診査を通して、真因を見つけ、早いうちに診断と治療をするほうがよい、病因不明のものに対し、場合によって、漢方薬を服用し治療することができます、漢方医治療のポイントは症状別に弁証法を用いて治療を実施すること、神谷漢方医師の丛主任は臨床実践経験により、弁証と求因方をうまく取り入れながら、気血調理、活血きょ風に着手しよい治療効果を収めることが出来ます。
 
-------------------------------------------------------------------------------------------
 

荨麻疹的中医药治疗


   荨麻疹俗称“鬼风疙瘩”,是由于皮肤粘膜小血管扩张,渗透性增加所引起的局限性水肺。严重者可导致喉头水肿,甚至窒息、休克。大约3/4的病人不能找到病因,尤其是慢性荨麻疹病程可达几年、几十年。那么怎样认识或治疗荨麻疹呢?

   4 月28日(周六)13时30分,神谷中医将在四楼会议室举办荨麻疹防治讲座,请皮肤专家丛慧主任为你解答荨麻疹的中医治疗及与全身疾病的关系,并同时为来听课者进行义诊咨询服务。

   神谷中医皮肤科主任丛慧介绍说,荨麻疹看似简单的一个临床症状,其实是一个很复杂的治疗过程。

   一是荨麻疹的病因复杂。皮肤是反映人体是否健康的一面镜子。当皮肤上出现荨麻疹时,就说明身体某个脏器出现了问题,治好荨麻疹就必须找到造成荨麻疹的真正病因。

   近年来,丛慧主任在对国内外大量的荨麻疹临床治疗的资料研究中发现,荨麻疹与药物、食物、吸入物质、感染因素、昆虫叮咬、物理因素有着密切的关联;与内分泌、免疫系统、内科等疾病也密不可分。丛慧介绍说,调查显示,7%~9%的系统性红斑狼疮可伴发荨麻疹,而其中40%为该病最早期的症状,或者在该病1年前发病,多数为荨麻疹样血管炎。25%青年型类风湿性关节炎患者可见不痒的皮疹散布全身,而早期皮损则为荨麻疹。1.7%早期风湿热病人亦会发生荨麻疹样皮疹,而且荨麻疹样血管炎是多发性肌炎急性期特征性皮损。

   另外,荨麻疹可伴发胃肠道症状,而胃肠道不适、腹胀常被认为是荨麻疹的前奏。急性胃肠炎也会引发急性荨麻疹。20%冷性荨麻疹伴冷球蛋白血症或骨髓瘤。冷球蛋白血症可为原因不明,但很多伴有结缔组织性疾病、多发性骨髓瘤、慢性淋巴性白血病、传染性单核细胞增生症等。

   二是荨麻疹的症状复杂。根据临床症状,荨麻疹又分内寒冷性荨麻疹、热性荨麻疹,皮肤划痕症、压力性荨麻疹、血管神经性水肿、血清病样荨麻疹,慢性持发性荨麻疹、遗传家庭性荨麻疹综合征等。

   三是荨麻疹治疗复杂。单一抗过敏(软组织胺)药物或免疫调节到不能控制的慢性荨麻疹。应尽早请专科医生查寻病因。明辨病因、施行早发现、早诊断、早治疗。不能明确病因的,可以采用中医药治疗,中医治疗重在分型,辩症施治。神谷中医丛主任从临床实践中总结出辩症与辩因相结合的整体方法,调理气血、活血祛风、疗效确切。